教育シューズ

「教育シューズ®」は、学校用シューズブランドとして35年以上の実績があり、上履き・体育館シューズとして採用され、子供たちの足元からの健康づくりに貢献しています。
また、『子どもの足と靴を考える会』 の活動に参加し、子供たちの足の発育と靴に関する研究を長年続けて、その成果は「教育シューズ®」のみならず、有名キッズブランドの靴製造(OEM)にも活かされています。

新商品情報

上履き

パワープッシュ

エースMV3

エースMV3

教育シューズ®がお薦めする最新の上履きです。メッシュアッパーを採用し、通気・放熱・速乾を実現。
靴底にも安心安全の機能を搭載。学校生活のほとんどの時間で履くことになる上履きには多くの機能が要求されます。いつも履く靴だからこそ一番良い靴を。教育シューズ エースMV3はその期待に応えます。

その他商品

2型

2型

上履きのスタンダード商品です。幅広く採用されています。

100型

100型

踵に衝撃吸収ゴムを採用しています。体育館用としても対応する安心の設計です。0.5cm刻みでサイズあり。

2型R

2型R

オリジナルデザインが印象的。アメゴムをソールに使用することで、耐滑性をUPしました。0.5cm刻みでサイズあり。

エースMR2

エースMR2

2型Rをメッシュ化。抜群の通気性により快適さが向上。インソールの取り外しが出来ます。かかと踏み防止付き。0.5cm刻みでサイズあり。

フレッシュ21通園スニーカー

フレッシュ21通園スニーカー

甲部のベルトが足との一体感を高めます。ゆったりつま先なので健やかな足の成長促進します。0.5cm刻みでサイズあり。

バレーDX

バレーDX

シンプルな外観でありながら、足の成長を考えた広いつま先部や取り外せるインソールが特徴です。0.5cm刻みでサイズあり。

サンフラワーメッシュ

サンフラワーメッシュ

バレーDXをメッシュ化。抜群の通気性により快適さが向上しています。

MV3

MV3

美しいエナメルラインがより高級感を演出。靴底にも安心安全の機能を搭載した新型上履きです。0.5cm刻みでサイズあり。

上履きは、販売代理店にてご購入いただけます

体育館シューズ

パワープッシュ

PK-X3

PK-X3

走る、止まる。跳ぶ、着地する。体育館シューズはこれらの運動によって受ける衝撃から足を守らなければいけません。 PK-X3は軽量かつ通気性に大変優れ、運動中の足へ余分な負担を掛けません。また、必要な機能を搭載しつつ、シンプルに設計したことで永くご使用頂けるシューズとなりました。かかとの踏みつけ防止加工もあり、体育館でのご使用に最適なシューズとなりました。

その他商品

500型

500型

シンプルなデザインでありながら成長期の足を守る基本機能を持っています。

SP-3300

SP-3300

運動時に足元を確実にサポートします。高い衝撃吸収性が特徴で、耐久性高い、スタンダード商品です。

SP-3500

SP-3500

サイドメッシュによる高い通気性と、衝撃吸収性にも優れたロングセラーの体育館シューズです。

PK-X1

PK-X1

高性能なスペックを備えた、教育シューズの最上級モデルです。

PK-X3

PK-X3

基本性能を磨き直し、より一層の軽量化と快適性を実現した、最新モデルです。かかとの踏みつけ防止加工あり。

体育館シューズは、販売代理店にてご購入いただけます

通学・グラウンド

パワープッシュ

PK-X5G

PK-X5G

スマートなシルエットでありながらゆとりを持たせたつま先部。抜群のホールド感を持つPK-X5Gは教育シューズ®が自信を持ってお薦めする通学・グラウンドシューズです。ホールド感の正体は、伸縮性のあるメッシュ地のアッパー。足蒸れ防止だけでなく、素材自体が足をつつみ込むことで足との一体感を増し、運動性の向上に繋がります。軽量でありながら強度を増したEVAが搭載されたことでスポーツに対する適応性も格段に増しました。

その他商品

TG-300

TG-300

オールホワイトの軽量でスタイリッシュな通学シューズのスタンダード。かかと部にリフレクターもあり、夜間にも安心です。

GT-4500

GT-4500

優れた汎用性で通学からスポーツまで対応した通学・グラウンドシューズです。オールホワイト仕様あり。

PK-X5G

PK-X5G

耐久性・超軽量のEVAを搭載したメッシュタイプの高性能シューズ。ネイビーを基調としたカラーもあります。

PK-X6

PK-X6

オール合皮仕様でスマートなデザインでありながら耐久性に優れた通学シューズです。

通学・グラウンドシューズは、販売代理店にてご購入いただけます


ページの先頭へ
ページの先頭へ